展示会/「#LOGOS」#ロゴス 2018AW

毎度展開総数が群を抜く
ロゴスの展示会へ行ってきました!

やはりすべてを載せるのは
厳しそうなので……
なかでもこれイイ! と思ったものを
いくつかご紹介します。

まずはこちら!
ハイスタイル用こたつ!
と思いきや、
こちらはシュラフにもなるんです。
中央の抜けてる部分は、
奥のチェアにかけている
別布の生地をくっつけて
寝袋にします。
ローテーブルと合わせて
伝統的なスタイルにすることも!
この応用の幅は
ロゴスのデザイン力が物語ってますね。
キャラクターグッズも
ロゴスは強いんです。
次のシーズンには
プーさんが仲間入り!
ハンモックにキャリー、
そしてピクニックバッグ……。
どれもキャンプに持っていきたくなる
製品ばかりでした!
昨年から
徐々に勢力を強めているのが、
B to B向けの
グランピングテント。
大きなリビングは、
3mほど高いモノポールを立て、
ソファやテーブル、チェアなど、
あらゆる大型製品を
並べることが可能。
別売りのドームテントは、
写真のように大型ベッドだけを置く
ぜいたくな使い方もオッケー。
美人の広報担当者いわく、
別売りのトンネル部の仕様が
変わったのがイイとのこと。

ジッパーに変更して
脱着が簡単になったのはありがたいようです。
厚さ9cmもの
極厚インフレータブルマットも
とても快適そうです。

あっ極厚といえば
http://www.michihiro-ogawa.com/posts/3543660

こちらの記事も好評らしいので、
ぜひ読んでみてくださいね!
脱線してしまいましたが、
次にイイと思ったのがこちら。
ワイングラスです。

なんと、
グラス本体と脚をつなぐのは"マグネット"で、
簡単に取り外すことができます。
脚を外して本体にしまうことも可能。
付属のケースに入れて持ち運べるので、
ワイン好きにはたまらない製品になるかも!?
最後にご紹介するのは、
少しずつ情報がおりてきてる
「ロゴス ランド」について。
上記のように
3つの要素を取り入れて
展開するとのこと。

京都府城陽市と提携して進めてる
キャンプ×アミューズメントパークみたいなもので、
2回にわかれて
施設を公開していくようです。
個人的には
オートキャンプ場もやってもらいたいですが、
どうなるかは不明とのことです……。

プレス会があれば、
ぜひともお伺いしたいです!

「秋冬は製品が少ない」
と伺っていましたが、
精度の高い品々が登場し、
驚かされた展示会でした!

Michihiro Ogawa

編集者&ライター 小川迪裕の公式ホームページ。日々の仕事や製作に携わった成果物、展示会情報を公開しています。

0コメント

  • 1000 / 1000