【来場御礼】#ネイバーシップ #我孫子国際交流文化祭 #キャンプ #alifeabiko #手賀沼公園

昨日10月27日(日)に我孫子市の手賀沼公園で、第1回目となる「ネイバーシップ 我孫子国際交流文化祭」を開催しました。雨予報を見事に覆し、いい天候の中で行われてよかったです。

今回のメイン会場は中央広場。ここではスペインをテーマにサッカーやフラメンコ、地中海料理などいろんな角度で世界観を演出。フェス感を出すために、急遽用意した「canvas camp(キャンバスキャンプ)」のスターシェードも投入。日除けにもなり、多くの来場者がここでくつろいでいました。

こちらが今回自分がディレクションしたCAMPブース。コールマン、キャプテンスタッグ、DOD、+αの各メーカー様から商品をお借りして、普段は遊び場であるところがキャンプ一色に! 圧巻でしたよ。

コールマンサイトは、ダークルームテクノロジーを搭載した「タフスクリーン2ルームハウス+」を展示。昼の晴れ間がやや日光が強かったので、この下で快適そうに過ごすグループ客がいました。リアルで見ると、その遮光性の高さに驚きます。

商品の詳細はこちら↓


大人気の「インフィニティチェア」もレンタル。おそらくキャンプ用品の中で一番人気があったかもしれません。手賀沼を悠々と見ながら、読書や会話をする人たちが見られ、むしろ常設しちゃえば? と思えるほど反響もありました。

今回の大注目といえば、DODのこの2点。「ザテントL」と「ビートルタープ」は今月発売したばかりで、おそらく日本で一般向けに屋外展示したのは初めてでは!? ロースタイルのファニチャーをタープ下に入れたら、続々と利用する人が増え、「演出って大事だな」と感じました。

キャプテンスタッグサイトは、CSクラシックシリーズのテント、テーブル、チェアをセット。特にワンポールテント「CSクラシックス ワンポールテント オクタゴン460UV」は、高さ3mもあり中は広々! オフホワイトのカラーも相まって、公園にうまく馴染んでいました。親子で過ごす姿も見られ、製品のよさを体験していただけたかなと感じています。

タラスブルバブースは、全5張のテントやシェルターを展示して豪華に演出していただけました! こちらだけスタッフさんが付いてくださったのですが、「今回このイベントに全幕を展示するとSNSで拡散したら、それを目的に朝イチから人がいらっしゃって嬉しかったですね」とのこと。いやはや、出展していただけただけでこちらこそ嬉しいですよ……。

ちなみに、こちらは「ワンサイドフォークAFシェルター」というシェルター。二股ポールを採用して前後左右を開放することができる便利なもので、付属の2本のキャノピーポールの他にもう2本を追加することで、広い前後のパネルを跳ね上げて広いサイトを展開。紫外線を90%以上カットするUVカット加工も嬉しいですね!

さらに、ベトナムコーヒー「G7」も出店。急遽手賀沼の湖畔側に場所を変えたのですが、ビートルと牽引カーもレッドがよく映え、コーヒーを購入するだけでなく写真撮影をする姿も見られました。よかった!

その他にも見ていただきたいところはあるのですが、詳細は公式サイトで見てみてください。

今回各社への依頼だけでなく、雑誌の校了とかぶってドタバタばかりで各方面にご迷惑をおかけすることがありました。自分の爪の甘さやダメなところが出てしまい、反省点も多々あります。

しかし、なんとかこうやって形にできたことで、自分の限界を広げたことと、成功したときの達成感、何より仲間との連携は言葉では言い表すことができないほど。実は我孫子とはまったく関係性はないのですが(笑)、キャンプ業界のイメージ向上や地域活性化の活動のひとつとして、また機会があればお手伝いしていきたいと思います。

改めて、この度はありがとうございました!

Michihiro Ogawa

編集者&ライター 小川迪裕の公式ホームページ。日々の仕事や製作に携わった成果物、展示会情報を公開しています。

0コメント

  • 1000 / 1000